日本人なら和服の美しさを語りつぎたい。

a0777_000003

ずばり和服です。
夏祭りの浴衣や成人式での振り袖、卒業式の袴など、これからもずっと続いてほしいなと思います。

最近、浴衣や振り袖を花魁のように肩を露出させる人が増えています。
そういう、昔からの伝統を下品なものに変えるのもどうかと思います。
本当の花魁自体もそんなに下品ではありません。
もっと露出が少ない和服から少し見える首のうなじなどに美しさや上品さを感じるということも語り継いでいってほしいです。

以前、着物を着て大阪を歩いていたことがありました。
すると外国人に出会うたびに「美しい!」「一緒に写真を撮ってもらえますか?」と英語で言われました。
やはり外国人から見ると和服は美しいのだと思います。

着物を着ると背筋もぴんと伸びるし、
帯でしめられることによってぽっちゃりしたお腹さえも隠すことができます。
大股で歩くこともできないので、どこか歩き方もしなやかな動きになります。
昔の人はこれで生活していたのだから凄いです。

ぜひその文化を永遠に語り継げるように頑張りたいと思います。