和食を無くさないために、今から広めるのが日本人の務め

a0002_011971

日本の数ある文化の一つとして、日本料理が挙げられると思います。

国によって、味付けや材料は様々ですよね。
外国からの観光客のほとんどは1度は口にしていることではないでしょうか?

代表的な日本料理として、寿司を思い浮かべる方が多いでしょう。
少し前までは、高くて手を出せない。お店に入りづらい。ということが多かったのが
現在では、1皿100円というのが当たり前になってきています。

そんな中、私は日本料理は寿司だけではなく和食もあることをもっと多くの方に知って欲しいのです。
和食を知っているという人はいるかも知れませんが、寿司に比べたら手を出しにくい。
どこの店に行けばいいの?と観光客だけでなく、私たち日本人でさえ思っていませんか?

このままでは、昔から今日まで受け継がれていた和食が消えてしまうということもあるかもしれません。

そこで、もっと気軽に和食を楽しめる店を増やし、
もうちょっと良いところだとこんなところがあるよ。と広めていくことが大事ではないでしょうか?

色に関する多彩な日本語は大事にしたい!

ume_001

日本語には、色に関して多種多様な表現があります。
これは、日本には四季があり、春や秋に自然は様々な表情を見せてくれることや、
人間が森羅万象の出来事に敬意を持って接してきたことなどに起因するものと思います。

日本語には、もえぎいろや薄墨いろなど単純に英訳できない微妙な色の相違を表す言葉があります。
春の山を表現するのに「緑」の一言では済まされないということを日本人なら感じていると思います。

ところが、今都会では単調な建物に囲まれ、緑も少なく、花を愛でることも減ってしまっています。
そうなるとどうしても、色に対する感性が鈍ってきてしまいます。
感性が鈍ると、色に対する多種多様な表現も使わなくなってしまいます。
今となっては、そんな表現があるんだとか、こんな時にそんな表現を使えばいいのかと、改めて知ることもよくあります。

今、多くの外国人の方が日本を訪れています。
彼らは、日本の美しさ、つまりは、色のバリエーションにとても感動してます。
彼らにそんな色の奥深さを説明できるようにするためにも、多彩な日本語の色表現を大切にしていく必要があると思います。

靴をぬぐ生活は清潔でリラックスでき大事な習慣

gahag-0051201739-1

欧米でも、最近、家の中で靴をぬいで生活する方が増えてきました。
でも、家の間取りでは、玄関と廊下はフラットになっていて、ぬいだ靴を置いておく場所がありません。

私が20年近く前に、アメリカで暮らしていた時に、借りていた一軒家も玄関の土間がありませんでした。
しかたないので、入ってすぐのところに、ぬいだ靴を置いていました。
子供も3人いたので、常時5足は置いておくことになります。
訪問者があるときは、部屋の中に新聞紙などをひき、そこに靴を置いてもらうことになります。

最初に、住んだ家は台所と子供部屋以外はジュータンが敷き詰められていました。
おまけに、毛足の長いジュータンだったので、土埃や小さな虫が落ちていてもすぐにはわかりません。
靴をぬいでいても、どうしても同じフロアーなので、埃やごみなどついてきてしまいます。
これが、靴を履いたままだと、もっと不衛生になってしまいます。

いくら、ダイソンのようなバキュームで掃除しても、土足なら清潔でないし、
靴を履いていては、リラックスできません。
なので、靴をぬぐ習慣は残してもらいたいし、世界に広めてもらいたいです。

親から子供へ受け継がれる日本の風習

YOU85_shichigosanchitoseami1305_TP_V

無くしてはいけないと思う日本の風習は子供が生まれたらお宮参りに、端午の節句に桃の節句に、成人式です。
伏し目伏し目のお祝いをする事で子供の成長を嬉しく思い子供も親から大切に思われている、親からの愛情を受け入れる事が出来ると思います。

お宮参りでは足形や手形を取ってもらって私は成長をした時に、その手形や足形を見て成長をした事を嬉しく思います。
端午の節句や桃の節句は日本の伝統的な5月人形にお雛様が大きくなっても残り、いくつになっても、その人形を見るたびに幼い日の事を思いだします。
成人式は鳥で言うと巣立ちの時ではないかと思います。

鳥のように完全な親離れは出来ませんが、
大人になる為の一歩を歩みだす為の式みたいで気持ちが引き締まる気持ちになります。
この三つの風習は無くしてはならないと思います。
親からの子へと子から孫へと受け継がれる素晴らしい日本の風習を無くならさない為にも皆さんが守り続けて欲しい思っています。