ありがとうの気持ちは日本人独特の文化

a0002_000179

a0002_000179

日本には、手を合わせる、合掌という文化があります。

食事の前には手を合わせて、「いただきます」、そして、食事の後に「ごちそうさま」という習慣があります。
作ってくれた人への感謝の気持ち、尊い命をいただくことへのお礼の気持ち等の「ありがとう」の気持ちを表した行為です。

手を合わすのはそれだけではありません。
神社で、お寺で、何かをお願いするとき、願いがかなったことを報告するときにも、手を合わせます。
「お願いします」「ありがとうございます」と目に見えない神様、仏様にお祈りをします。
心の中にいつも「ありがとう」の気持ちが宿っているというのは、本当に素敵なことだと思います。

しかし、最近はそれがおろそかになっていっている気がしています。
頻繁にいろいろな事件が起きているのは、「ありがとう」の気持ちを確認する時間が取れていないからではないかと思います。
考えてみると、食事するときが一番確認できるときだと思います。

毎日3回の食事のとき、「ありがとう」と手を合わせるのを忘れずにいて欲しいです。

実際のところ、ありがとうを1日3回以上言うとそれだけで幸福度が上がるそうです。
ペンシルバニア大学での研究でもそう結論付けられているのでこれはホントに大事なことなんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です